スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

MIND CIRCUS




目まぐるしくもないそんな毎日を漂うように過ごしています。
隣のベッドに居るヤンキー兄ちゃんが一生懸命
爺ちゃんに聞いてもいない武勇伝を話している。
そんな中、リハビリの先生がやってきては
「さぁ、今日は何回出来るかな?」
と、にこやかにゴムボールを手渡してくる

まだ、車椅子にも乗れないのでわざわざ病室まで来てくれる
両足、左腕、肋骨そして脊椎(全38箇所)を骨折してしまった。

直った左腕と一緒に筋力の落ちた右腕のリハビリだ。
さほど苦しくもないリハビリだけど
勿論、楽しくもない

美味しくもない夕食を終えてから
ふいに隣のヤンキー兄ちゃんに
「今日もお見舞いは爺ちゃんだけか?」と、聞かれた
「ああ、家族以外は断ってるんだ」と答えると
「そっか、寂しいな」と、しんみりと言われた。
それに返す言葉は見当たらなかった・・・

寂しいよりも苦しいんだ


 


僕が今まで努力してきたモノは唐突に一瞬で奪われた

初めは怪我さえ治れば元に戻れる
骨折さえ直れば直ぐにでもピッチに立てる
そんな期待をやめられなかった。
けれど、家族や医師の反応、クラブの対応を
受けとめる度に諦めを覚えていった。

誰を責めても何も戻りはしない

そんな事は解っているのに誰かを責めずにはいられなかった。
一度人を憎しみ出すと連鎖は終わらなかった。
それどころか日増しに増していった・・・
自分自身を追い込む事になると思わずに

お見舞いに来る人、来る人が
口々に同情や励ましの言葉を投げかけてくる
それを笑って受け止めるしかない僕は
まるでピエロのようだった

これ以上、消えたい心に触れないで
今日も地球なんて何処にも見えないよ

「僕が死んだって、誰かが代わりになるさ」
そう鳴り出す携帯に向かって独りで呟く
それを何度も繰り返す
本当に馬鹿だな俺

目まぐるしくもないそんな毎日は
何処かがもう狂ってしまったかもしれない

スポンサーサイト
2014_10_22

Comments

 

自分が思ってた以上にひどい状態だった事にびっくりもしたけれど…
やっぱりこういうところでもいいから、どういう状況か知りたかった気持ちはある。
だから苦しいかもしれないけれど書いてくれてありがとう。

そしてね、起きてしまったことは仕方ないし正直憎んだりする気持ちは仕方ない。
誰かを責める事自体も当たり前の事だ。
自分の中でのそういう気持ちを誰かにぶつける事は悪いことではないから、あんまりため込みすぎないように。
誰かを責めたりして、それで最終的にとても辛くなるのが自分自身なら、吐かなくていい。

気持ちの切り替えなんかぱっぱぱっぱできるようなもんでもないし、それまで積み上げてきたものが崩れて行って、そんな状態で気持ちの切り替えさっさとやれとかは言えない。そんなに切り替えすぐできるほど人間って単純じゃないから。
けど、やっぱ何かしらの形でもいいから前に進むしかないんだよね。
前に進む方法は色々あるけれど、私の目から見ればリハビリをやるってのは十分前に進んでることじゃないかなとは思う。
なーんかうまく文としてまとめるのが難しいんだけどね。

あとね、貴志君の代わりは誰もいないんだよ?
君は君なんだから、他の誰も貴志君の代わりには絶対なれないんだよ。

どうなるかはわからないけれど、私は少なくとも待ってるからね?
本当に気晴らしにはなるかはわからないけれど、もし何かしらの形で戻ってこれたら貴志君の気持ちが第一になるけれど。
まだ、例のTRPGの件はちゃんと残してるからね。
気晴らしになるかはわからないし、でもやりたい気持ちがあったりするなら、それを大事にしてほしい。

書いててうまくまとまらないけど、これ以上頑張れと言うつもりは全くないし、現在進行形でそうやってやってることが頑張ってるし
うーん、でも、もしね?
やりたいことが他にもあって、それに私の手が必要なら、遠慮なく頼ってきていいからね?

何書いていいのか自分でもわけがわからなくなったけどさ、まってるぜ。
Apfel  URL   2014-10-22 15:01  

 

最初に話を聞いた時
誰よりも早く、貴志のために何かしてやりたいと思いつつ
結局誰よりも出遅れちまったんだなぁ…悔しいことこの上ないな

半年間、ずっと考えたんだけどさ
少しでも、貴志のために何かできないか
気を楽にしてあげられないか
けど、結局何も思いつかなかったよ…ごめんね

何が最善かなんて分からない
こうして声をかけることも、もしかしたら苦しめてしまうだけかもしれない
だけど、これだけは伝えたい
貴志は私にとってかけがえのない友人、それは何があっても変わらない

あはは…結局何が言いたいのか自分でも分からないや
まぁ、こんな、頼りない奴だけどさ…
そんな私でも、出来ることがあるなら、してあげたいと思ってる
だから、どうか…一人で苦しんだりは、しないでね
例えほんの僅かでも、貴志の気が楽になるなら
いくらでも苦しみを背負ってあげるから
イレーナ・ディレイター  URL   2014-11-18 05:11  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

片瀬貴志

Author:片瀬貴志
Phantasy Star Online2
Ship3
所属チーム:Sweet * Momory

プロフィール画像は鈴蘭さんに描いていただきました。ありがとうございます!

『PSO2』で使用している著作物(画像、データ、音声、テキスト等)の一切の権利は、株式会社セガが保有しています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。