スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

Master of life


慌ただしくお正月が過ぎ去って
皆さん如何お過ごしでしょう?
食べ過ぎ飲み過ぎしちゃった人
風邪をひいたりノロわれちゃったりした人
居ませんか?大丈夫でしょうか?
無事にお正月を過ごせてたらいいなぁw
僕の方は忙しいお正月でありました。
お陰でPSO2も殆ど出来ずに
LVも上がらずじまい^^;
なのでブログもアークス日誌はありません><

やったのは人狼くらいだし・・・w

続きはちょっとネガティブな感じになりそうなので
弱音を吐く奴が苦手な人はスルー推奨です^^;

 

あれは僕がまだ小学生の頃
母方の祖父が僕の家で一緒に暮らす事になった。
初めて会った爺ちゃんは顔中ヒゲだらけで
小学生の僕にはクマにしか見えなかった。
しかも耳慣れない言葉を話す・・・
そう僕の爺ちゃんは外人さんだったのだ。
遠く離れた国で一人にするのは心配だと
母が日本に呼んだのだ。
超片言の日本語を話せるクマと一緒に暮らす事になり
最初は怯えつつも興味をそそられる存在だった。
目が合うとニッコリ笑う顔がとても怖かったw
あまりに慣れない僕に爺ちゃんは
サッカーボールを僕にくれた。
その日から朝から晩まで二人でサッカーをした。
これが僕がサッカーを始めた切っ掛けだった。

小学4年でサッカーチームに入り
5年生の時の全国大会に出た時の事
準々決勝で僕が居たチームは負けてしまったのだ。
帰りのバスの中で爺ちゃんは
泣きじゃくる僕をいつもの怖い笑顔で
ずっと何も言わずに抱きしめてくれた。

次の週に突然爺ちゃんから誘われて
近くの海に釣りに出かけた。
夕方近くまで釣ったけど二人ともボウズだったw
いつもは楽しいはずの釣りも
この日はとてもつまらなかった。
先週の出来事をまだ引きづっていたからだ。
辺りが夕焼けに染まり始めた頃
爺ちゃんがたどたどしい日本語で
「いいかい、貴志人間っていうのはな
やるべき事をする時間の半分も
神様から与えられてはいないんだ。
だから人は後悔をするんだよ
後悔をしない人なんていやしない
だがその後悔を生かすも殺すも
貴志それはお前次第なんだよ?
落ち込んでる暇なんか無いぞ?
だって時間は足りないのだから」
そう言って、いつもの怖い笑顔をした。
「人生の達人の教え第一章だ、覚えておけよ?」
そう言って僕の方を叩きながら家路に着いた。

その後も事在る事に爺ちゃんは色々と
教えを聞かせてくれた。
爺ちゃんは僕の人生の先生になった。
僕をいい人だと褒めてくれる人が居るけれど
それは全て爺ちゃんに教わった事を
そのまま実践しているにすぎない。
何だか爺ちゃんを褒められてる気分になる。
それがとても嬉しく心地いい。

そんな爺ちゃんが年末から入院し
昨日から風邪を併発し肺炎をおこしてしまった。
心配で何も手に付かない
彼女からの電話に大丈夫と
笑う僕は弱虫だ
平気な振りをしてるのは
崩れ落ちそうな自分を守ってるに過ぎない

辛い時に辛いと
素直に言えたらいいのにな

スポンサーサイト
2013_01_07

Comments

 

 いいお祖父さんですね…。

 自分の祖父は物心つく前に亡くなりました。
 自分と同じであまり進んで人と話す人ではありませんでした。
 いつも静かに本を読んでいる人。そんなイメージだけがあります。
 怒るときも、褒めるときも、黙って自分の中にあるものに訴える…そんな人だったと、今にしてみて思えます。

 実家には一振りの木刀があります。
 祖父の持ち物ですが、自分の記憶の中にはそれを手にした祖父の姿はありません。
 後年聞いた話では、祖父は自分が生まれた日に、打ち込んできた剣道を辞めてしまったそうです。
 『平和な時代に生まれてくる子供に、人を傷つける技術なぞ見せたくない』そう言っていたそうです。
 自分の半生を捧げたものを捨てる決断をした祖父。
 その経緯を自分は祖父の死後に聞きました。

 祖父が常に自分に何を求めていたのか。
 たとえ幼くとも、そのことをもっと早くに気付けなかったのか…と悔やむ気持ちはあります。
 ただ一方で、貴志さんの御祖父様の言われるように、『悔やむ時間なんかない』という教えは確かなものです。
 
 『悔やむ暇があるなら、それを活かせ』祖父もそう言うのでないかな…。

 生憎、出来の悪い自分は行きつ戻りつ、同じところをグルグルと回るだけですが、多少なりとも長生きしている自分から、貴志さんへ。

 …自分が逃してしまった機会を、貴志さんは逃さないで下さい。

 御祖父様の平癒を心よりお祈りしております。
 また、人生の達人のお話が聞けることを楽しみにしておりますので。



 辛い時に涙するのは自然のことです。
 大切なものを思っての事であれば、尚更だと思いますよ。 
鈴蘭  URL   2013-01-07 03:12  

 

>鈴蘭さん

鈴蘭さんの御爺様もとても優しい方なのですね。
無口な人は胸の中に誰よりも熱い想いを抱いている
と、爺ちゃんが言ってました。
僕も同じ所をグルグル回るのは一緒ですw

そして今日爺ちゃんは元気に退院いたしました!
変に心配を掛けてしまいスイマセンでした><
貴志  URL   2013-01-12 19:27  

 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

片瀬貴志

Author:片瀬貴志
Phantasy Star Online2
Ship3
所属チーム:Sweet * Momory

プロフィール画像は鈴蘭さんに描いていただきました。ありがとうございます!

『PSO2』で使用している著作物(画像、データ、音声、テキスト等)の一切の権利は、株式会社セガが保有しています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。